能登 殿 の 最期 品詞 分解。 平家物語『能登殿の最期』(1)解説・品詞分解(平教経vs源義経in壇ノ浦)

平家物語「能登殿の最期」 問題

の 分解 品詞 殿 最期 能登

このあと、以下のような内容に続く。 」とて、その内騒ぎ合へり。

2

平家物語「能登殿の最期」 問題

の 分解 品詞 殿 最期 能登

史実と異なる部分もありますので、文学としてお楽しみください。 」とて、その内騒ぎ合へり。 正面から立ち向かう者はなく多くの者が討ち取られた。

6

平家物語「能登殿の最期」 問題

の 分解 品詞 殿 最期 能登

(4)(3)で答えた音便が、以下の文章中の四箇所に見られる。

15

平家物語の能登殿最期で、なぜ能登守教経は安芸太郎と郎等と弟次...

の 分解 品詞 殿 最期 能登

教経の従兄弟。 2 義仲の名乗りと比較する。 ・木曽に代わって、東国武士の名誉のために、「日本一の剛の者の自害の手本」として、壮絶な自害をする。

6

平家物語『能登殿の最期』(1)解説・品詞分解(平教経vs源義経in壇ノ浦)

の 分解 品詞 殿 最期 能登

読みは現代仮名遣いのひらがなで答えること。 「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。 これで粟津の戦いは終わった。

1

平家物語『木曾の最期』(2)解説・品詞分解

の 分解 品詞 殿 最期 能登

藤原俊成が何事かと思うと、忠度には、なにやら大事な用があるらしい。 ) それは 御 み 方 かた に 御勢 おんせい が 候は ね ば、臆病で こそ さは おぼしめし 候へ。

11

平家物語『木曾の最期』(2)解説・品詞分解

の 分解 品詞 殿 最期 能登

続いて寄る安芸太郎を、 弓手(ゆんで)の脇に取つてはさみ、弟の次郎をば 馬手(めて)の脇にかいばさみ、ひと締め締めて、 弓手=左手(弓を持つ方の手) 馬手=右手(馬の手綱を握る方の手) 続いて寄ってくる安芸の太郎(実光)を、左手のわきに抱えて挟み、弟の次郎を右手のわきに挟み、一締め締めつけて、 「 いざ うれ、 さらば おれら、 死出の山の供せよ」とて、生年二十六にて、海へ つつと ぞ入り たまふ。

12

平家物語『能登殿の最期』(3)解説・品詞分解(平教経vs源義経in壇ノ浦)

の 分解 品詞 殿 最期 能登

・3人 ・安芸太郎実光 ・安芸次郎 ・郎等 4 【説】訳す。 つーか昔はどこの国でもそんなもんだと思うが。 巴御前は、その謎の多さゆえに後世の物語では様々な形で登場します。

9

木曾の最期

の 分解 品詞 殿 最期 能登

いらっしゃる、おいでになる たら=完了の助動詞「たり」の未然形、接続は連用形 ん=仮定の助動詞「む」の連体形が音便化したもの、接続は未然形。

12