艦これss提督死亡。 提督「艦娘に死亡ドッキリ!?」青葉「そうです!」後編

妖精「好感度視覚化眼鏡でし」 艦娘達「普段冷たい提督の好感度が高過ぎてヤバイ」

艦これss提督死亡

補給したらすぐまた行ってくるでち」 加賀「すみません! うちら大食いのために、本当、すみません!!」 瑞鶴「……」 伊58「全然大丈夫でち。

[B!] 【艦これ】提督「艦娘にドッキリを?」青葉「はい」【安価】 : あやめ速報

艦これss提督死亡

反映に時間掛かるのか…… 赤城「か、加賀、さん?」 加賀「……」カオマッカ 瑞鶴「あれは最初にまず恥ずしさが来てるパターンだ……」 榛名「正直さっきのテンションは榛名も引きました……ザマァみろですね」 瑞鶴「え?」 龍田「あら〜? 天龍ちゃんこんなに高かったの? 良かったじゃない」 天龍「龍田、いまは、今言うのは……」チラ 加賀「な、何で? 私は提督が好き、だから提督も私が好き。

4

妖精「好感度視覚化眼鏡でし」 艦娘達「普段冷たい提督の好感度が高過ぎてヤバイ」

艦これss提督死亡

司令にはいつも感謝しきれないほど大切にしてもらっているのでせめて司令に心地よく業務をしてもらう為に笑顔で話そうと思ったんです. けど人は争わなければならない時がある」 提督「さあ、楽しませてもらおうか! 曙ォ!」 朧「提督、膝が笑ってるよ」 膝「ウェーヒヒヒwwwww」 司令部本館正面入り口前—— 長門「クッ、今年も見つけることは出来なかったか……!」 天龍「どこに隠れたんだって話だよなあ……ところでアンタは何が欲しかったんだ? プレゼント」 長門「む、それは……秘密だ」 陸奥 テディベアのカタログを見てたの知ってるんだから 提督「」猛ダッシュ 天龍「あ?」 陸奥「提督?」 曙「逃がすかぁっ!!」ズドンッ 長門「曙!?」 提督「当たるかぁっ!」グレイズッ 長門「なっ、提督に向けて……!? 何をしている曙! 提督に向けて発砲するなど」 曙「邪魔すんな!」 提督「邪魔をするんじゃない!」 長門「えっ」 提督「艦娘ファイト第3条! ファイトに介入していいのはレフェリーのみ、それ以外の人物による介入は一切禁ずる!」 天龍 なんだそれ 長門「何を馬鹿な事を……駆逐艦の物とはいえ主砲の一撃を受けてみろ! 生身の人間の身体を吹き飛ばすには充分な威力だぞ!」 曙「模擬弾だから当たってもカラフルになるだけだし! 最悪打撲か骨折で済むから平気! 当たりどころが悪ければ死ぬだけよ!」 長門「どこが平気なものか! 取り返しのつかない事になる前に止めろ!」 提督「でぇじょうぶだ! ドラゴンボールがある!」 長門「何処にあるんだそんな物!!」 提督「それも2つ目の願いでなんとかなる! ドラゴンボールをおくれってな!」 曙「そういうわけだからほっといて! さあ覚悟なさいクソ提督! アンタの頭に集中砲火を浴びせて前世の記憶まで吹き飛ばしたげる!」 提督「やってみやがれファッキンガール! さっきまでの数十分の出来事は俺の脳内メモリにしかと焼き付けてやったからな!」ダッシュ 曙「やっぱ殺す!!」ダッシュ 長門「いい加減にしろ2人共ーッ!!」 —————— ———— —— 漣「まあその後はね、イカゲーよろしくそこら中を塗りたくるぼのやんと逃げ走るご主人様と羅刹を思わせる殺気で追いかけるながもんさんの三つ巴になってね」 漣「ながもんさんが2人をゴッドフィンガーして捕まえて無理矢理終わらせたわけですよ」 漣「そんでさー、それでもご主人様を見つけたのはぼのやんだけだからさ、プレゼントどーするのかな? ってのが皆の話題になったんだけど」 漣「保留だってさ、ほ・りゅ・う。 私はここから出られません、リヴァイアサンを封印している最中なのです」 曙「何を訳のわからないことを」 提督「ところでさ? この人生単位で数えたら須臾とも言える間にぼのやんに抱きしめられたり生太もも膝枕されたりとかってさ、なんなん? 俺死ぬの?」 曙「そうね、十数分後にはアンタの命を絶ってやろうかしら」 提督「クリスマスプレゼントを棒に振ることになるがよろしいか」 曙「……もう何をもらっても割に合わない気がしてきた」 提督「でもちゃんとしてない方法で俺を隠してるのはぼのやんだからな? プレゼントの権利を独り占めしようと欲を張ってる結果だかんね? 恨んだら逆恨みだぜ?」 曙「だったらアンタを部屋の外に放り投げるだけよ、アンタの財布事情なんざ知ったことないしそれでもいいや」 提督「でも今は出られないのです、許せ」 曙「わけわかんないわね、アンタって奴は」 提督「男には見せてはいけないものがそこそこまあまああるんよ……ところでさっきの続きだけど、プレゼントどんなのにするか決まりました?」 曙「え、ああ……数十人分のを集約したのって考えると思い付かないわね」 提督「待って、十数人分じゃなかったっけ」 曙「私の自尊心が傷付けられたから上乗せしたの」 提督「脆いな自尊心」 曙「傷付かない方がおかしい」 提督「そろそろ、ってかさっきからずっとだけど暑くなってきた」 曙「いっそのことそのまま干からびてしまうのもいいんじゃないかしら」 提督「わぁい、北極圏のような目線で見下ろされたお陰で相殺されたかもーってんなわけねーよ暑苦しいよ」 曙「ならさっさと出なさいよ、出たら出たらで鬱憤晴らすけど」 提督「出るも地獄、出ないも地獄とは一体」 曙「1発くらい大目に見るべき」 提督「だから逆恨みやっちゅうねん、それにこれ以上誰が来るってこともないだろ。

16

【艦これSS】提督「敵の襲撃ついでに俺が死んだことにする?」【長門】

艦これss提督死亡

だけど、前もそうだった……諦めるにはまだ早いわ」 長門「その通りだな……ああ、必ず見つけてみせる、待っていろ提督……!」 霧島「お姉様!」 金剛「比叡!霧島! テートクはいましたカ!?」 霧島「それが……やはり何処にも」 比叡「自販機の裏とか下とかまで見たんですけど……」 金剛「そうデスか……私も同じデース、いつもならテートクのいる場所なんてスグに分かるのデスが……」 霧島「……あ、榛名? そっちはどう?」 榛名『今、演習場を暁ちゃん達と捜索しているところですが……ああ、やっぱりダメみたい。 けれど、大淀さんの放送通り深海棲艦が近海に潜んでいる可能性もあります。

6

【漣・曙SS】長門「総員!全力を挙げて提督を捜索しろ!」

艦これss提督死亡

時雨「言い忘れてたけど・・・」 提督「うん?」 時雨「冷たくするっていうそのやり方・・・・・・もう止めたほうがいいよ」 提督「え?」 時雨「提督にそういうことされると・・・ボクたちは・・・・・・」 「おかしくなっちゃうんだ」 提督「へ?」 時雨「ボクから忠告さ、じゃあまたね」フリフリ バタン. それは貴様が提督になりたいと強く思い願ったからだ。 酒も食い物も解禁とする! みんな、よくやってくれた!」 提督「入渠施設のバケツも全て開放するから、帰還次第入渠、その後運動場に来てくれ。 嬉々としてこの事態を報告しただろう」 妖精「愛の告白は?」 提督「それも憲兵なりのごまかしだったんだろう。

【卯月SS】提督「艦娘に冷たくした結果www」【艦これ】

艦これss提督死亡

だがそれは嘘。 誰だよ隊長って。 66 ID:4JX4bhLC0 大淀「はい、お前ごときが武器など使えると思うなよと」 提督「ナイフはくれたのに・・・」 大淀「元帥の考えは私にも分かりませんがなにか考えがあるのかと」 提督「はぁ・・・・」 大淀「提督」 提督「ん?もう切っていい?」 大淀「待ってくださいお願いがあります」 提督「なんですか?」 大淀「私も支援以外なら力になりたいと思っています。

[B!] 【艦これ】提督「艦娘の将来が心配だ……」|SSまとめアンテナ

艦これss提督死亡

63 ID:2Z7RriEM0 金剛「ヘーイ妖精!準備できたネ!」 加賀「今こそ提督の仇を討つ時」 島風「私が攪乱するね!」 大和「この主砲、全ての怒りをぶつけます」 北上「許せないよね~。 私がヘアゴム落としてなかったら多分アンタそのままだったかもね」 提督「そんでもってそのまま皆この部屋で寝ちまって俺が部屋を出るタイミング無くすまであるんだな」 曙「よくよく考えたら私達の部屋に勝手に忍び込むとか最低ねこの変質者」 提督「今更言うのは反則だぞ、後出しじゃんけんじゃん」 曙「至極当然のことを言ったまでよ、女子の部屋に隠れるって変質者そのものじゃない」 提督「でもあけぼのちゃんの寝顔とか見てみたいかもしれない」 曙「…………」スッ 提督「わあ、なんて冷たい笑顔で背後に回り込むんだ」 曙「そういうのが変質者だってんのよこのクソ提督」グリグリグリグリ 提督「痛いだいだいだいだいいろこれ実際食らうと痛だだだだだ」 潮「曙ちゃん、具合は大丈夫?」ドアガチャ 曙「ぜぇええええええええい!!」ズムゥオオオオ 提督「むぎゅん!?」 潮「……曙ちゃん?」 曙「あら潮、どうしたの?」 潮「いや……今何してたの、というか何したの?」 曙「ハエが目の前飛んでたからこう、グイッと上から押し潰す感じで」 潮「もっと豪快だった気がするけど……それに、他の誰かの声がしたような」 曙「気のせいじゃない? まさかこの部屋にクソ提督が隠れてるなんて言わないわよね?」 潮「それは無いんじゃないかな……気のせいならそれでいいんだけど」 提督 気のせいじゃないんだよなあ 提督 しかし今の俺はどうなっているんだ、ありのまま起こったことを思い返してみよう 提督 曙に三十路手前の二児の母ばりのグリグリ攻撃を食らっていたと思ったら一瞬の間に力技でこたつの中に押し込められてしまった、何を言ってるのかわからねーと思うが俺にも何をされたのかさっぱり—— 提督 うん、分かってんじゃねえかってね 提督 でもね、分からないこともあるんですよ、後頭部にある感触は床じゃない、カーペットでもない何か、視界もすこぶる不明瞭。 少し寝不足なだけ……行きましょう、直ちに抜錨して哨戒にあたります」 加賀「ええ、少し、頭が痛いだけ。

20